<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お寒いかぎり


c0113608_9135236.jpg3月2日にアメリカからMarc Karlan教授夫妻が福岡に来ました。目的は、前にも書きましたが、京都,東京についで、現代建築の社会人対象のツアーを組む際に、福岡を加えるべきか,どうかの下調べです。
1日つきあっての問題です。
1、 福岡には英語表記のまともな地図がありません。小さな手のひらサイズのパンフレットはいくつかありますが、少なくとの本国へ持ち帰るに耐えられるものは皆無です。
2、 グランドハイアットで、組織化された建築ツアーがあるか、karlan教授は前もって聞いたが、全くないとの返事。その通り。
3、 福岡には耐えられる建築資料が無い。唯一、景観よかとこマップがありますが、これも、建築名称が英語表記になっているのみ。建築家の名前は日本語でした。

彼に、シカゴの建築に関する資料を頼んだのですが、アメリカ建築家協会(AIA)のシカゴ支部が編纂した570ページにおよぶ、2センチほどの分厚さの本をもってきました。また、シカゴの観光を含めたすばらしい、写真集を持ってきました。
景観室にも前から言っているのですが、その場限りではなく、フォーマットさえキチンとつくれば、毎年更新していくことで、情報は集積するはずです。地道な作業をほとんどやっていない。

お寒い限りです。本当に「ビジターズインダストリー」などと言う前に、基本的な観光情報インフラの整備が,最も必要!

でもね、これは、必要を感じないと絶対に動かない!
(佐藤俊郎)
[PR]
by mono_koto | 2007-03-05 09:15 | デザインボランテイア

イノウエ日記

今日は福岡市内に建つY邸の完了検査を受け、無事に終了しました。

Y邸は大学時代の友人の自宅です。生の松原、海、マリノアの観覧車、福岡タワーやドームといった、自然要素と都市の要素が一望できる素晴らしい敷地に建っています。
c0113608_1731588.jpg

お施主さんの笑顔が一番の報酬です
c0113608_17312681.jpg

見学会をすることになったらお知らせします。




完了検査を終えて事務所に戻ると、別の物件のお施主さんから電話が・・・

「今事務所にいらっしゃいますか?差し入れをしようと思って・・・」

急いでいらっしゃるのに、電車を途中下車してまでの嬉しいお気遣いです。

で、持ってきて下さったのがこれ・・・

c0113608_17321570.jpg


ドラえもんドラ焼き?

「いやー、これ見たら井上さん思い出しちゃって・・・わ~井上さんだぁって(笑)」

あ・・ありがとうございます。

明らかに僕の体型がドラちゃんみたい、ということだと分かりましたが、

「夢の道具が一杯詰まってるってことですよね?ね?」と切り返してみました。

確かに最近太りましたがドラえもんまでは行ってないだろうと、ちょっぴり心外ですがやっぱり嬉しいです。事務所の皆で美味しくいただきました。みんな爆笑してましたけどね。




夜はちょっと仕事のことで鮎川さんとキャディス田中さんに相談。鮎川さんはいただいた焼酎に、こんな感じでご機嫌でいらっしゃいました。

c0113608_17324745.jpg


後ろの笑顔は、帰り際に
「鮎川さん+焼酎一升瓶の取り合わせはやはり最高に絵になるね」
と大笑いしながら寄ってくださったランドスケープコアの田中さんです。

さて、もう一仕事です。

イノウエサトル
[PR]
by mono_koto | 2007-03-02 21:28 | モノコト日記

森岡先生ヒストリー

第4回月ギャラ、ゲスト講師としてお話して頂いたのは、お馴染みNPOデザイン都市・プロジェクトの理事長をされている森岡侑士先生です。先生と呼ばせて頂くのも、昨年度まで九州産業大学の助教授として教壇に立たれていた森岡先生は、私、三宅の恩師でもあります。そんな経緯もありブログを担当させて頂いてます。(遅くなりましたが・・・・)


先生にお話し頂いたのは、今までなかなか聞かせて頂く機会のなかった、先生自身のヒストリーです。その中身は、活動エリアから登場人物まで僕にとっては宇宙規模の話でしたが、合間合間にのぞかせる森岡イズムに、ひたすら感銘を受けるものでした。

かつて海外のプロジェクトで出会った日本人プランナー達が、自国での評価しか気にしていなかったこと。また貧しい国で受けるプランナーに対する期待の大きさと、それに同等の責任を負うこと。
そんな世界を渡られてきた先生が今、私たちが目の前の物事に真正面から取り組む、そんなシンプルなことができているか?そんな環境にあるか?と問いかけているように感じました。

とにかくフンドシ締め直して、頑張ります!ありがとうございました。
(三宅唯弘)
c0113608_1384844.jpg
[PR]
by mono_koto | 2007-03-02 13:14 | MONDAY GALLERY

東京日記(2)

これは、何だ!(ジャンクション)
c0113608_13263852.jpgこれは、渋谷に近い田園都市線、池尻駅のそばで目撃しました。遠くから見ると巨大な共同溝か下水道に見えました。高さ、約40m、つまりマンションの11階建てに相当し、広さが、400mトラックをもつ競技場に匹敵するという実に巨大なコンクリートの塊です。地上で建設して、そのまま沈埋させる巨大インフラではないかと思ったのですが、実は、これは、高速道路をつなぐ、巨大なアダプターのようなジャンクションなのです。つまり、様々な方向から接続する都市高速が、この巨大なトグロの中で方向を変えて別の高速に接続されるわけです。
これだから土木の暴走はたまりません。衝撃的に感動します。
これは現代のコロシアムといってよいでしょう。ローマのコロシアムのように、近い将来の東京大地震の跡に、輝く廃墟として歴史に残る、かな?
残念ながら、ここには「建築家」の存在は無く、「景観」といった議論がされた形跡が無い(ように見える)のは、寂しい限り。
なぜか、「建築」を見ないで、こんなもんばーかり目につくようになりました。
(佐藤俊郎)
[PR]
by mono_koto | 2007-03-01 13:38 | モノコト日記