2007年 03月 05日 ( 2 )

鮎川透@建築ジャーナル 「攻めて本音を聞け」

c0113608_16433695.jpg
建築ジャーナル no.1118 March 2007 「ファシリテーター列伝」

建築ジャーナル最新刊に鮎川さんが紹介されています。
鮎川さんのファシリテーターとしての側面を見ることができます。
まりえさんも文中に登場。

読んだ方はどんどん感想コメントを残してください。
[PR]
by mono_koto | 2007-03-05 16:51 | 書評

お寒いかぎり


c0113608_9135236.jpg3月2日にアメリカからMarc Karlan教授夫妻が福岡に来ました。目的は、前にも書きましたが、京都,東京についで、現代建築の社会人対象のツアーを組む際に、福岡を加えるべきか,どうかの下調べです。
1日つきあっての問題です。
1、 福岡には英語表記のまともな地図がありません。小さな手のひらサイズのパンフレットはいくつかありますが、少なくとの本国へ持ち帰るに耐えられるものは皆無です。
2、 グランドハイアットで、組織化された建築ツアーがあるか、karlan教授は前もって聞いたが、全くないとの返事。その通り。
3、 福岡には耐えられる建築資料が無い。唯一、景観よかとこマップがありますが、これも、建築名称が英語表記になっているのみ。建築家の名前は日本語でした。

彼に、シカゴの建築に関する資料を頼んだのですが、アメリカ建築家協会(AIA)のシカゴ支部が編纂した570ページにおよぶ、2センチほどの分厚さの本をもってきました。また、シカゴの観光を含めたすばらしい、写真集を持ってきました。
景観室にも前から言っているのですが、その場限りではなく、フォーマットさえキチンとつくれば、毎年更新していくことで、情報は集積するはずです。地道な作業をほとんどやっていない。

お寒い限りです。本当に「ビジターズインダストリー」などと言う前に、基本的な観光情報インフラの整備が,最も必要!

でもね、これは、必要を感じないと絶対に動かない!
(佐藤俊郎)
[PR]
by mono_koto | 2007-03-05 09:15 | デザインボランテイア