クラシオン荒江

クラシオン荒江が姿を見せました

メイ建築研究所・地遊環境設計と環の三社JVという珍しい組み合わせでプロポーザルに勝ち、実施設計を行った仕事。今はなき「岩さん」こと岩野さんの置き土産でコンペは始まり、設計の時に岩さんは居ませんでした。

敷地の半分を処分し、100戸あまりの新築に現居住者の一部が引っ越し、さらに新たな入居者を集めるというプログラム。
賃貸住居それも公営という視点から、民間では踏み切れないさまざまなチャレンジをしている。二十数タイプの住戸の中にはメゾネットや二世帯連結型も。
竣工は7月半ば、その時には外構も整備されもう少し落ち着いているでしょう。

福岡市の西部、交通量の多い国道202号に沿って広がっていく市街地の中、都心部と郊外の接点といえる立地である。
 沿道は分譲や賃貸など様々な共同住宅が建ち並び、その間に郊外店がちりばめられた、少し混乱した景観を呈している。そのような中に、周りの建物と少し異なった軽やかな印象を与える外観。さわやかなランドマークとなり、まちが集積を高め変化する流れをリードする。
 そこでは多様な住まい方を内包する内部空間が外観ににじみ出たという考え方のもと、変化に富んで楽しげな外観を構成している。「どっしりとした重量感」というより「動きや活力を感じる」ことをイメージしている。
 また公営住宅として地域貢献の視点から、さらに建築の低層部のデザインとして、玄関へのアプローチのキャノピーをバス停の待合いとした。
                           鮎川 透  写真は田中康裕

R202からの外観
c0113608_1929792.jpg


北側駐車場からの外観
c0113608_19294237.jpg


メゾネットタイプのインテリア、公社の担当川邊さんが頑張りました
c0113608_1930236.jpg

[PR]
by mono_koto | 2007-06-06 20:13
<< 3つの会合 月ギャラ >>