森岡先生ヒストリー

第4回月ギャラ、ゲスト講師としてお話して頂いたのは、お馴染みNPOデザイン都市・プロジェクトの理事長をされている森岡侑士先生です。先生と呼ばせて頂くのも、昨年度まで九州産業大学の助教授として教壇に立たれていた森岡先生は、私、三宅の恩師でもあります。そんな経緯もありブログを担当させて頂いてます。(遅くなりましたが・・・・)


先生にお話し頂いたのは、今までなかなか聞かせて頂く機会のなかった、先生自身のヒストリーです。その中身は、活動エリアから登場人物まで僕にとっては宇宙規模の話でしたが、合間合間にのぞかせる森岡イズムに、ひたすら感銘を受けるものでした。

かつて海外のプロジェクトで出会った日本人プランナー達が、自国での評価しか気にしていなかったこと。また貧しい国で受けるプランナーに対する期待の大きさと、それに同等の責任を負うこと。
そんな世界を渡られてきた先生が今、私たちが目の前の物事に真正面から取り組む、そんなシンプルなことができているか?そんな環境にあるか?と問いかけているように感じました。

とにかくフンドシ締め直して、頑張ります!ありがとうございました。
(三宅唯弘)
c0113608_1384844.jpg
[PR]
by mono_koto | 2007-03-02 13:14 | MONDAY GALLERY
<< イノウエ日記 東京日記(2) >>