タグ:建築展 ( 2 ) タグの人気記事

建築展 終了しました

「こどもの居場所 おとなの居場所」へのご来場ご支援ありがとうございました。

去る11月17日のトークセッションに始まり、18日から25日の8日間Ds'Forumでの建築展を終えることが出来ました。
17日が約50人、翌日からの来場者数が400人を超え、合計450人を超える方々においでいただきました。久しぶりにお目にかかる施主の方や、他のスケジュールと絡めて遠方からおいでいただいた方、まさにこどもからおとなまでさまざまな方々のご来場でした。この場にて厚く御礼申し上げます。

トークセッション(11月17日 16:00~18:00)
下山田小校長の帆足先生をメインゲスト、照葉小校長の藤坂先生とのぞえ総合心療病院理事長の堀川先生同副理事長の堀川先生をゲストにおいでいただきました。
まず、鮎川が今回の建築展を開催するに至った経緯と、込めた思いを話すことから始めました。
続けて、宿泊施設・病院・小学校の建築的な類似性と相違について提起しました。
昭和初期から戦後早期の三つの施設(小規模なもの)はその平面計画に多くの類似点が見られること。さらに近年においても、中高層のホテルと病棟のプランは部屋名が入っていなければ見分けが付かない位似ています。ただ小学校と他の二つとの決定的な相違点はそこに寝起きするかどうかという点です。つまりプライバシーの確保と一部屋の収容人数の違いに起因すると思われます。初期の病棟は大部屋だったり、教室は廊下と比較的仕切られていたり、類似性を補強する要素はたくさんありました。
ところが、上記のような要件に加え小学校がオープンプランになりつつあり、平面計画において他の二つと異なる発展を見せていると思われます。
少し乱暴な定義をすれば、三つの施設はハードな意味で類似性を持っていた。しかしそこでの活動、つまりソフトの部分が機能を規定してきたのではないでしょうか。

その後、帆足先生との対談を軸に、他のお三方にも話しに加わっていただきました。
開放的な教室になじめない教師も確かにいる、でも児童はすぐになじめること。
縦割り給食の効用は大きく遊びや通学にまで広がりがあること。
いじめは、なくならないが開放的な空間の中では早期に発見対応が出来ること。
さらに、精神医療のプログラムと初等教育から中等教育にかけてのプログラムの考え方に類似性があるという指摘があり、一同うなずく場面もありました。
などなど、皆様方のご協力により興味深い議論が出来ました。
デザインの話しもしたかったというご意見もありましたが、またの機会に実現したいと思っています。

建築展(11月18日〜25日)
会場に作った「かんどーむ」(竹の空間)に注目が集まりました。
居場所というテーマを具現化し体感する空間として試作から一ヶ月半、竹の伐採から加工を経て、前日の組み立て9時間をかけて完成した前田君の労作です。
編み目の交点に人がいる網というイメージをテーマに設定。そこでどーむに網をかけそれに皆様のご感想ご意見を掛けていただくという趣向にしました。それに対し多くの方のご協力があり、掛けられた紙は250枚程度に上りました。数多くの励ましや叱咤激励のお言葉に接し、改めて皆様に支えられていることを実感致しました。
今回は、玉ノ湯旅館・のぞえ総合心療病院・照葉小学校・下山田小学校の施設を中心に写真や模型或いはドキュメントなどで構成した展示としました。
よく見られる建築の展示は建物の写真と図面・模型に止まっていることで訴求力に欠けていると考えていました。そこで一般の方々の興味を喚起するにはもう少し活動や素材といった身近な「もの」を合わせて展示することにしました。
一般の方々は、素材のコーナーに興味を示される人も多くおられましたが、同業の方々が比較的長居をされたのは、コンペの応募作品のファイルのコーナーの様でした。

                                   鮎川 透
[PR]
by mono_koto | 2007-12-05 14:27

環・設計工房 建築展 無事に終了しました!

11月18日からスタートした建築展は無事に11月25日18時に終了する事が出来ました。正確な数字は後ほどお知らせしますが、期間中延べ400名以上の方がこの建築展にご来場頂けました。来て頂いた方をはじめとしまして、ご協力頂きました関係者の方々、本当にありがとうございました。この建築展で、普段なかなかお会いできない方との再会や、新しい出会いなど貴重な体験をさせて頂きました。今後とも人と人とのつながりを大切にしながら、変わらず業務に邁進して行きたいと思います。
今後とも環・設計工房、そして鮎川透をよろしくお願いします。
(文責:近藤岳志)
c0113608_2231599.jpg

最終日の会場の様子
c0113608_22321993.jpg

約400枚のメッセージにくるまれたかんどーむ
c0113608_22323735.jpg

今回、建築展に多大なご協力をして頂いたかねこしんぞうさん(画像左側)と環・設計工房のメンバー
[PR]
by mono_koto | 2007-11-25 22:37 | モノコト日記