タグ:プロポーザル ( 3 ) タグの人気記事

クラシオン荒江見学会

c0113608_20504140.jpg

福岡県住宅供給公社のクラシオン荒江の外構工事が終わり、7/11に設計事務所を中心とした見学会が行われました。
c0113608_20513660.jpg

公社という立場上、プロポーザル段階から社会・地域貢献が求められたプログラム。
高齢者対応の施設から保育園、コンビニまで様々な機能と集合住宅の複合を、法・近隣関係・空間性・収益性など多様な視点で検証し、そのリアリティを民間同業者にヒアリングして確認し、設計にフィードバックするという長い道のりを経て、現在のかたちができています。バス乗降客用のスペースもそのひとつ。
c0113608_2052434.jpg

c0113608_2054108.jpg

メゾネット住居を案内する県住宅供給公社川邊氏、鮎川透、田中康裕

福岡県の公営住宅では初のメゾネットと屋上テラスの開放感、今までの公営住宅に無かった精神とデザインで組み立てられた建物。家賃を聞いても「住みて〜」の声があがる。募集倍率は6倍の部屋もあり、好評。

設計JVという形での共同作業の難しさと面白さ、公・民間・貸す側・借りる側、様々な立場の議論からかたちに結実していくプロセス、ものづくりに携わった充実感を感じたひとときでした。

http://www.kurashi-on.jp/

杉本泰志
[PR]
by mono_koto | 2007-07-12 20:59 | 現場日記

環 VS C+風 プロポーザルバトル!!

昨日7月2日の月ギャラは、我々環・設計工房が主催で、
「環 VS C+風 プロポーザルバトル」が行われた。


今回はアイランドシティ島内の公民館「照葉公民館」のプロポーザルで、
我々の事務所が設計・監理をした照葉小学校に隣接した敷地である。
c0113608_1339370.jpg



























アイランドシティという生まれたばかりのまちをどう組み立てていくのか。これまでの公民館のプロポーザルとは異なった課題が存在した。
両者の提案書は対称的なもので、片や文章を中心としたもの、片やイメージ等を用いて示したものであった。前者は、与えられた条件に対して「迎合」という姿勢をとったもの、後者は、その条件の中でどこまで表現できうるのかという姿勢をとったもの。
今回のプロポーザルは従来とは異なり、減点となる項目とその度合いが示されたものが配布されており、それが提示されているだけに表現方法にはずいぶん気を遣ったように思う。
c0113608_13393480.jpg

























今回は、構造設計でお世話になっている草場氏も交えて、ソフト面の考え方から構造的な視点に至るまで幅広い議論が飛び交った。いろいろな分野を跨ぎながらひとつの事柄を表現・評価していくのはやはりモノコトならではである。
c0113608_13391823.jpg

























ひきつづき、最近取り組んだプロポーザル「小倉高校同窓会館『明陵会館』」、「八女市の交流センター」の2つをプレゼンテーションした。
「明陵会館」については、北九州の豊川設計事務所のお手伝いという形だが、最優秀案に選ばれたということで、八女については最優秀案と自分たちの案との比較を行った。最優秀に選ばれた案とそうでない案と比較することは私にとっては初めてのことで、プロポーザルが行われる地域の背景なども汲み取りながら表現方法を考えていく必要性も感じた。
(寺川智也)
[PR]
by mono_koto | 2007-07-03 22:48

「福岡県公立古賀高等学校のプロポーザルから実施設計に至るまで」

 平成19年4月2日(月)18時より環が担当する月ギャラが開催されました。
当日のテーマは、「福岡県公立古賀高等学校のプロポーザルから実施設計に至るまで」。


 実際、僕は古賀の設計に直接タッチはしていませんでしたが、プロポまでは担当しましたので、途中までご説明します。

 古賀高校は普通の県立とは違い、一部事務組合という地方公共団体という形で運営されています。
ですので、「県立」ではなく「公立」なのです。実施設計では、福岡市の様な「標準設計」等が無い変わりに、設計者が大きな部分をリード出来ます。

 現在の古賀高校の写真から問題点を挙げ、どういう形でプロポーザルに望んだのかを鮎川さんに裏話を含めてコメントを頂きました。プロポの中で特に「売り」だったのが、仮設校舎をつくらずに短い工事期間で工事を進める事でした。

 実施設計を進める中で、既存校舎、既存体育館は耐震改修を受ける必要がありました。石橋さんから耐震改修のプロセス、実施設計の経緯等説明を受けました。実際は、予算が予定よりもかなりオーバーしながらも、ほぼプロポーザルの案に近い形で実施設計が進んでいます。

 少子高齢化が進む中、高校、大学も生き残りをかけた戦いをする中、古賀高校はハードを活かしたソフト面をどう考えるかが課題になりそうです。

 古賀高校の工事は3期工事にわたり、第1期工事は8月前後解体工事からのスタートになります。業者決定は、「一般競争入札」。どこに決まるのやら・・・。

 次回の月ギャラは4/16(月)ゲストはnksアーキテクツ末廣香織さんです。
お楽しみに!
(環・近藤)
c0113608_2240251.jpg
c0113608_22404513.jpg

[PR]
by mono_koto | 2007-04-02 22:38 | MONDAY GALLERY