タグ:デザインシャレット ( 2 ) タグの人気記事

デザインシャレット2007その2

デザインシャレット2007終了

17日(月)多くの市民もおいでになった門司港の生涯学習センターにて最終講評会とシンポジウムを開催し、10日から始まった今年のシャレットは閉会した。
プラグラム二日目に決めた六つのグループは、例年にない残暑の中、冷房もない旧武道館の作業場で汗にまみれた八日間の共同作業をした。もちろんそれにつきあった講師の何人かも、うちに帰りたいようとうわごとを言いつつともに過ごした。
その成果として、中間発表等二回のステップを経て1/100の模型を制作し、図面などとともに講評会に臨んだ。



提案された模型
左上は現況1/1000・他は提案模型1/100 1/500
良い線まで来たが、やはり今年も建築的検討の精度は高められなかった。
建築系の学生が少ないのか、こちらの問題なのか検討課題。
c0113608_19255739.jpg


プレゼンテーション
三面のスクリーンやccdカメラを駆使して、7分の説明と8分の質疑。
図面や模型のできばえとともに、説明の仕方によりその評価がいかに左右されるかを、説明した本人はもとより聞いてる人たちも実感したと思う。
c0113608_19273836.jpg


休憩時間の会場風景
c0113608_1928246.jpg


シンポジウム
仲間さんのコーディネートにより、片山さん・篠原さん・西村さん・萩原さんのパネルディスカッション。 レトロの経緯や、市民の関わり・保存の問題・まちづくりの継続性・などシリアスな話題もあった。
c0113608_19282351.jpg


最後に講師陣や市民の投票により、市民賞・特別講師賞・最優秀賞を決定それぞれ表彰。B班(港のあるくらし〜ハーバーツーリズム)が最優秀賞を獲得。
今年は、1/1000から1/500の中間講評を経て、最終は1/100と絞り込んでいった。
これは、計画対象地のスケールの適切さとともに、あるレベルの成果にたどり着いた大きな理由と言って良いと思う。
次回は、佐世保をフィールドとして開催することをアナウンスして閉会した。

鮎川 透
[PR]
by mono_koto | 2007-09-19 20:38

デザインシャレット2007

デザインシャレット2007始まる

デザインシャレットは第三回を九工大の幹事により北九州市門司港をフィールドとして、9月10日から17日までの8日間開催。
聞き慣れない名前だが、その意味は締め切りに向けて作業を進めると言うようなこと。
当時東大教授の篠原修氏や教授の内藤廣氏らを中心に、土木・建築・景観・造園等
領域を超えた教師や実務家がそれらの学生を対象にしたワークショップ「グランドワーク」が4年前に始められた。
私は内藤さんから九州でこういうのやらないかという話を聞き、一方でそれに参加した学生や景観系の教師を中心に開催の機運が高まった。
第一回は九大の幹事により唐津をフィールドとして、第二回は熊大の幹事により三角港で開催され、今回で三回目と言うことだ。(詳細はHP参照)

テーマは「門司港ぐらし」、レトロの北側にある第二船溜まりを対象地として計画案を作り、1/100の模型まで制作する。
参加者は全国の大学や、コンサルの若手、特に今回は釜山から二名の女子学生もあり、総勢30名。それにチューターや教師、サポートの学生など20名ほど。それらが8日間の共同生活をしながら、最終日の市民に向けた公開発表会目指し計画作りをする。
その日17日はその後、篠原修氏の講演とシンポジウムも開催。


c0113608_11325672.jpg

    関門海峡を見下ろす。中程の右の港が第二船溜まり。

c0113608_11394814.jpg

    鮎川レクチャー。五コマの講義を五人がプログラムに沿って担当。

c0113608_11401393.jpg

    中間発表に向けての作業風景。


こういうプログラムに参加していつも思うが、良い勉強になるんだなーこれが。
異なる領域の話しであったり、作業の進め方が異なったりいちいち目から鱗。
さらにアウトプットとして一定の成果が上がれば言うことなし。

鮎川 透
[PR]
by mono_koto | 2007-09-14 11:41