<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

みなと病院竣工披露会

みなと病院の竣工披露会が開催されました。

病院の名前を市来保養院からみなと病院に改名し、
シンボルマークも新たにデザイン。
患者さんの「心のみなと」となるような病院づくりをめざす
みなと病院の新たな船出を祝い、
市来串木野市長をはじめとする地元の人々、病院関係者、
建設関係者等広く、多くの参加者がありました。
c0113608_19461931.jpg

①病院スタッフ寄贈のタペストリー
 (階段吹き抜け部壁面に設置。糸筋と呼ばれるフェルトのような布地と
 バラの花弁をデザインモチーフとした※ケミカルレースの組み合わせ。
※ケミカルレース(水溶性の基布の上にミシンで刺繍した後、基布を取り除き、刺繍
 だけを残すレースの技法です。)
②東側の外観

c0113608_19463014.jpg

③待合室(椅子やテレビなど備品も設置、診察も本格的スタートしています)
④相談室
⑤診察室

c0113608_19544126.jpg

6シンボルマーク
蝶がデザインモチーフ。みなと病院の「み」と「ホスピタル」の「H」融合させて表現

施設案内をされる病院スタッフの方々の
施設の特徴をふまえた分かりやすく行き届いた説明のなかにも、
病院全体が一つとなり、皆で支え、これからの病院づくりへの意気込みを感じました。

祝賀会では、地元特産芋焼酎のあまい香りに酔っていました。

建物概要
名  称 医療法人静和会みなと病院
場  所 鹿児島県いちき串木野市湊町
構造規模 RC造4階建
延べ面積 4937.43㎡
設計工期 平成16年12月から平成17年11月
工事工期 平成17年12月から平成19年12月
施  工  大林組・本田建設JV

(石橋光男)
[PR]
by mono_koto | 2007-12-21 19:52 | 現場日記

MONOKOTO GALLERY 拡大版を開催します!

直前になりましたが、マンデイギャラリー拡大版のお知らせです。

当事務所が所属するデザイン集団・モノコトプロジェクトでは
毎月第1・第3月曜日にゲストの方に来ていただいて「マンデイ・ギャラリー」
という勉強会を開催しております。
年の瀬ということもあり、マンデイ・ギャラリーの拡大版を開催いたします。

c0113608_9521363.jpg

題して
『monokoto presents 「デザインの地平線」 〜デザインの向こう側に目指すもの』。

今回のテーマは
「コラボレーション・デザインの向こう側に目指すもの」です。

ゲストとして、環・設計工房 鮎川透が関わる
デザイン特区・ダーウィンのメンバーに来て頂きます。
※「デザイン特区」・「ダーウィン」とは福岡を拠点に、より積極的にコラボレーション・デザインを展開する集団です。

■ゲストメンバー
かねこしんぞう(インデックス・コムズ)
後藤宏(イメージゲート)
平松聖悟(キャリアデザイン・エンタープライズ)
原一真(ミリオネット)
垣田健一郎(垣田健一郎デザイン事務所)

■ホストメンバー
鮎川透(建築家・環設計工房)
佐藤俊郎(環境デザイナー・環境デザイン機構)


日時:12/17(月) 18:30〜21:30

場所 九州大学ユーザーサイエンス機構 大橋サテライトLUNETTE
(ゆめアール大橋の同一敷地内・大橋駅より徒歩1分)
〒815-0033 福岡市南区大橋1-3-27

会費: 学生500円 社会人1000円


皆様のご来場、お待ちしております。
直前での広報、失礼致しました。

(寺川智也)
[PR]
by mono_koto | 2007-12-15 09:52 | MONDAY GALLERY

プライドinブルー

なかちん(高校のクラスメートで、学生時代にもよく阿佐ヶ谷で飲んでた友達)
が映画を撮りました。
映画を撮るって言って、ロマンポルノの助監督からず~っとがんばって、
やっと彼の夢がかないました。

“プライドinブルー”

もうひとつのワールドカップと言われる知的障害者によるサッカーの
ドキュメンタリー映画です。

先日、南区民センターで上映があったのですが、行けなくて。。
でも12月9日に筑紫野市生涯学習センター( tel:092-712-5297:九州シネマアルチ)
であるそうです。
ローソンチケットで買えるそうです。

ぜひ、みなさん、
みてくださいませ。

http://www.pib-line.jp/
http://www2.bbweb-arena.com/mannyt/myweb17_013.htm

田中康裕
[PR]
by mono_koto | 2007-12-05 20:57 | 連絡

モノコト・プロジェクト、ホームページ完成!!

 半年ほど前に月ギャラの時間を使ってまで製作を発表したまま手を付けていなかったモノコト・プロジェクトのホームページを、この度アップ致しました。

中身は至ってシンプルですが、”221-2F MAP(私たちの事務所が入っているビルの住所です。)”は、わかりにくかった事務所内部の空間状況をわかりやすくお伝えすることができ、各社のブログに直接アクセスできる”members blog”は、モノコト・ブログでは語られない個々の日々の活動状況をさらに深く知ることができます。

必要最小限の情報とシンプルなグラフィックにこだわったホームページを私たち「モノコト・プロジェクト」へ手軽にアクセスするためのツールとして、ブックマークして頂ければ幸いです。

モノコト・プロジェクト HP http://monokoto.shironuri.com/

hazime
[PR]
by mono_koto | 2007-12-05 19:55 | モノコト日記

建築展 終了しました

「こどもの居場所 おとなの居場所」へのご来場ご支援ありがとうございました。

去る11月17日のトークセッションに始まり、18日から25日の8日間Ds'Forumでの建築展を終えることが出来ました。
17日が約50人、翌日からの来場者数が400人を超え、合計450人を超える方々においでいただきました。久しぶりにお目にかかる施主の方や、他のスケジュールと絡めて遠方からおいでいただいた方、まさにこどもからおとなまでさまざまな方々のご来場でした。この場にて厚く御礼申し上げます。

トークセッション(11月17日 16:00~18:00)
下山田小校長の帆足先生をメインゲスト、照葉小校長の藤坂先生とのぞえ総合心療病院理事長の堀川先生同副理事長の堀川先生をゲストにおいでいただきました。
まず、鮎川が今回の建築展を開催するに至った経緯と、込めた思いを話すことから始めました。
続けて、宿泊施設・病院・小学校の建築的な類似性と相違について提起しました。
昭和初期から戦後早期の三つの施設(小規模なもの)はその平面計画に多くの類似点が見られること。さらに近年においても、中高層のホテルと病棟のプランは部屋名が入っていなければ見分けが付かない位似ています。ただ小学校と他の二つとの決定的な相違点はそこに寝起きするかどうかという点です。つまりプライバシーの確保と一部屋の収容人数の違いに起因すると思われます。初期の病棟は大部屋だったり、教室は廊下と比較的仕切られていたり、類似性を補強する要素はたくさんありました。
ところが、上記のような要件に加え小学校がオープンプランになりつつあり、平面計画において他の二つと異なる発展を見せていると思われます。
少し乱暴な定義をすれば、三つの施設はハードな意味で類似性を持っていた。しかしそこでの活動、つまりソフトの部分が機能を規定してきたのではないでしょうか。

その後、帆足先生との対談を軸に、他のお三方にも話しに加わっていただきました。
開放的な教室になじめない教師も確かにいる、でも児童はすぐになじめること。
縦割り給食の効用は大きく遊びや通学にまで広がりがあること。
いじめは、なくならないが開放的な空間の中では早期に発見対応が出来ること。
さらに、精神医療のプログラムと初等教育から中等教育にかけてのプログラムの考え方に類似性があるという指摘があり、一同うなずく場面もありました。
などなど、皆様方のご協力により興味深い議論が出来ました。
デザインの話しもしたかったというご意見もありましたが、またの機会に実現したいと思っています。

建築展(11月18日〜25日)
会場に作った「かんどーむ」(竹の空間)に注目が集まりました。
居場所というテーマを具現化し体感する空間として試作から一ヶ月半、竹の伐採から加工を経て、前日の組み立て9時間をかけて完成した前田君の労作です。
編み目の交点に人がいる網というイメージをテーマに設定。そこでどーむに網をかけそれに皆様のご感想ご意見を掛けていただくという趣向にしました。それに対し多くの方のご協力があり、掛けられた紙は250枚程度に上りました。数多くの励ましや叱咤激励のお言葉に接し、改めて皆様に支えられていることを実感致しました。
今回は、玉ノ湯旅館・のぞえ総合心療病院・照葉小学校・下山田小学校の施設を中心に写真や模型或いはドキュメントなどで構成した展示としました。
よく見られる建築の展示は建物の写真と図面・模型に止まっていることで訴求力に欠けていると考えていました。そこで一般の方々の興味を喚起するにはもう少し活動や素材といった身近な「もの」を合わせて展示することにしました。
一般の方々は、素材のコーナーに興味を示される人も多くおられましたが、同業の方々が比較的長居をされたのは、コンペの応募作品のファイルのコーナーの様でした。

                                   鮎川 透
[PR]
by mono_koto | 2007-12-05 14:27

みなと病院完成!

みなと病院が完成しました。

鹿児島県いちき串木野市。精神科150床にデイサービス。

一昨年の秋に着工し、一期工事は昨年の夏竣工、二期工事は今年春に竣工、そして今日、最終の三期工事が完成。着工から2年がかり。とりあえずほっとしています。

12月3日に新病院の開業。今からは、病院のがんばりどころ。我々もフォローしていきます。

三期工事部分は、外来や管理部門、デイサービスやホール部分です。

本日とってきた写真を掲載します。

c0113608_201592.jpg

病院玄関側(左)と待合総合案内サイン(右)

c0113608_201175.jpg

みなとホール(左)と外来待合(右)

石橋光男
[PR]
by mono_koto | 2007-12-01 20:03 | モノコト日記