<   2007年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

数寄屋は初めに好き者ありき

11月19日の月ギャラでは、永田建築事務所の永田誼和さんをお迎えし、「私の建築作法」と題して、永田さんが建築に携われる中で基本としてきた考え方をお話いただきました。

c0113608_22362645.jpg永田さんといえば、篠栗幼稚園【写真上】とか木造建築というのがすぐ思い浮かぶのですが、「建築を始めた頃は鉄とガラスの近代建築にあこがれ、ミースが最も好きな建築家」だったという意外な話から始まりました。それがヨーロッパを放浪したときに近代建築の完璧な理論と現実の建物のギャップに落胆し、徐々に日本の木造建築に興味が移っていったとのことです。僕が学生の時にヨーロッパを回ったときに近代建築に感じた違和感も実はこんな単純なことだったのかもしれないと思いました。

c0113608_2236584.jpg作品を紹介していただきながら、スキップフロアとなっている自邸では、移動と熱エネルギーの効率が悪く、奥さんにすこぶる評判が悪かったけれども、それと引き替えに寒さに強い子どもが得られたこと、また、能を趣味とする施主のためにつくった能舞台のある住宅では、構造的工夫を随所に散りばめつつ、床下の壺の埋め方や松の絵制作では奮闘の末「エイヤッ」とノリで(個人的感想です)やってしまうなど、緻密さと豪快さが交互に入れ替わるとても楽しい話でした。
そしてメインは秀吉の茶室について研究をした上での「黄金の茶室」【写真下】の話。かつて「好き者」によって自由につくられていたものがいつの間にかワビサビという規範に縛られているとして現代の典型的な数寄屋の解釈に批判的立場を取り、それに遠州流茶道を20年以上続けている自身の経験を重ね合わせて平成の黄金の茶室を造り出した話はとても興味深いものでした。

木造建築の伝統に対する真摯な姿勢とは別に、話の節々に現れる個人的感情や自由な発想に人間的な魅力を感じました。現在はなんとツーシーターの車を乗りこなし、現代の好き者としてますます元気に活躍されています。
岡 大輔
[PR]
by mono_koto | 2007-11-30 22:43 | MONDAY GALLERY

環・設計工房 建築展 無事に終了しました!

11月18日からスタートした建築展は無事に11月25日18時に終了する事が出来ました。正確な数字は後ほどお知らせしますが、期間中延べ400名以上の方がこの建築展にご来場頂けました。来て頂いた方をはじめとしまして、ご協力頂きました関係者の方々、本当にありがとうございました。この建築展で、普段なかなかお会いできない方との再会や、新しい出会いなど貴重な体験をさせて頂きました。今後とも人と人とのつながりを大切にしながら、変わらず業務に邁進して行きたいと思います。
今後とも環・設計工房、そして鮎川透をよろしくお願いします。
(文責:近藤岳志)
c0113608_2231599.jpg

最終日の会場の様子
c0113608_22321993.jpg

約400枚のメッセージにくるまれたかんどーむ
c0113608_22323735.jpg

今回、建築展に多大なご協力をして頂いたかねこしんぞうさん(画像左側)と環・設計工房のメンバー
[PR]
by mono_koto | 2007-11-25 22:37 | モノコト日記

環・設計工房 建築展

c0113608_10473177.jpg
c0113608_10482015.jpg
c0113608_10483435.jpg

[PR]
by mono_koto | 2007-11-23 10:49

環・設計工房 建築展

環・設計工房の建築展が開催されます!

会期:2007年11月18日(日)〜11月25日(日)
時間:10:00〜18:00
場所:D's forum 福岡市中央区大名2-6-1 B1F Tel:092-731-0001
レクチャー:11月17日(土)には所長・鮎川がレクチャーを開きます。
      参加ご希望の方は、電話のほか、参加希望書(添付画像右)にご記入
      の上、FAX又はメールにて info@kanarc.jp までご連絡下さい。
      メールの場合は、氏名、所属(会社・大学+学年等)、電話番号、
      メールアドレスをを添えて下さい。
      (予約状況の確認のため、若干時間がかかることがあります。
      ご了承下さい。)
    
お問合せ:株式会社 環・設計工房
     Tel:092-561-6160(戸川)  Fax:092-561-6191
詳しくは、プレスリリース(添付画像)をごらんください。

c0113608_22325571.jpg


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

「こどもの居場所。おとなの居場所。」

「こどもの居場所」について少子高齢化や、社会構造の変化を背景にさまざまな議論がなされている。
 しかし、「おとなの居場所」について同じことが言えるのではないだろうか。
 重要な視点は建築は単に「もの」ではなく、真ん中に人がいる居場所と捉えることであろう。
 そこでの建築の役割や可能性はどうなのか?
 そのような視点から建築家 鮎川透ー環・設計工房の近年の仕事を通して、「居場所」を考える。

・ 下山田小学校
・ 照葉小学校
・ 玉の湯旅館
・ のぞえ総合心療病院

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


環・設計工房の28年間における建築作品、まちづくりなど
「1分の1から5万分の1まで」を展示致します。

会場では、環・設計工房のコンセプトブック+作品集+DVD(環メンバーが登場しています)
の豪華3点セットを販売しています。

ぜひお越し下さい。
[PR]
by mono_koto | 2007-11-09 22:33 | 連絡

今日のお昼ごはん(デザインキャラバン:小学校5年生編)

c0113608_15332251.jpg


先週、福岡デザインリーグの中のひとつ、デザインスクールキャラバンで中央区のある小学校に行って来た。テーマは昨年と同じ “夢の住宅”の模型製作。
今回は全体を6班に分け、それぞれの班に一人の建築家が指導?する仕組みである。
(毎年のことであるが、指導っていうより、ほとんどが、作業になってしまう。時間が限られているので、手伝わないと、終わらないのが現実。。)
建築家は、廣瀬さん、水野さん、川津さん、山本真樹さん、初参加、福大の趙さんと田中の6人。

うちは6班。男子3人、女子3人のチームである。
5人がマンションで暮らしていて、戸建て住まいは一人だけ。
この辺はそっかぁと思いながら聞いてみる。

「で、どんな住宅??家族は??」
「家族はこの6人!」
「どこに建てるの?」
「森の中!」
「あと地下にプールで、1階がリビングとダイニング。2階がみんなの寝室で、3階に温泉!そうそう4階にボーリング場!!」ときたもんだ。
「そう。。。。全部で5層かぁ。。」

毎年のコトながら、あ~~考えてくればよかったと後悔しながら、作業開始!
えっ、みんな結構手が動いている。なかなかのチームワークである。
そうこうしてると、午前中の作業終了!
待ちかねた給食の時間である。

献立は。。最初の写真のハヤシライスと大根のサラダに牛乳
いや~おいしかった!おかわりまでしてしまった。
さぁ、みんな午後もがんばろ~。

c0113608_1532285.jpg


午後2:30 はい作業終了!!
講評会の始まりである。それぞれの班の代表による模型のの説明を聞く。
するどい質問あり、たわいもない質問あり。。真剣に聞いている子もいれば、おしゃべりの子もいる。毎年の風景。
いじめっ子やいじめられっ子がいるのかどうかはわからないけど、このプログラムの目的のひとつである 「みんなで、ひとつのものをつくる。」 ということを通じて、
仲間の大事さを知ってもらいたいと思うものである。          
    
c0113608_15373146.jpg

田中康裕
[PR]
by mono_koto | 2007-11-06 15:59 | デザインボランテイア