<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

おいでよ!絵本カーニバル報告会!

今回の月ギャラは、8月20日、環境デザイン機構の担当で行われました。担当は岡、荒田、垣外です。

内容はつい前日までアジア美術館で行われておりました「おいでよ!絵本ミュージアム」の報告会ということで、「戦え!絵本ミュージアム」と題し企画段階から期間中の管理までのデザインの課程や苦悩をプレゼンテーションしました。

「おいでよ!絵本ミュージアム」(以下、絵本ミュージアム)は九州全域で行われております、西日本新聞や九州大学ユーザーサイエンス機構子どもプロジェクト、NPO法人子ども文化コミュニティなどが主催する「絵本カーニバル」の一部で、福岡アジア美術館で行われました。
絵本ミュージアムは「親子」や「子どもの居場所づくり」をテーマに、アジア美術館で開催されることから「アジア」や「世界」の要素を取り入れたデザインを20×25mほどの大きな空間に展示し、子どもたちに絵本の良さを感じて、楽しめる空間を目指しました。

会期が二週間とちょっとという期間、限られた予算(これはいつでもそうですが)のなかでどこまでデザインにこだわれるか、その素材、施工方法などの検討から始まり、会期中およそ想像もできない場所を壊されては補修し続けるといったある意味子どもとの格闘まで、いままであまり体験できなかった「展示デザイン」というジャンルの中で貴重な体験、発見を皆さんにお伝えできたのではないかと思います。特に、期間中華々しく皆さんの目に触れる「展示物」と、それに付随して必ず発生する「ゴミ」との関係については、デザインだけでなくある程度の制作も行った今回は、ずいぶんと考えさせられました。

また、今回は環・設計工房にたくさんのインターンシップやオープンデスクの学生がきており、その学生も交えての月ギャラとなりました。中には、設計課題で美術館の設計をしている学生もおり、普段美術館として考えるストーリーとは違い、制作サイドの意見も取り入れながらのアドバイスや意見交換ができました。

c0113608_12153796.jpg


私荒田もかたや住宅を設計等しながらこのような貴重な体験ができ、大変でしたが幸せでした。これを糧にすべく、しっかりと絵本ミュージアムについて、子どものデザインについて、またデザインとゴミについて、まとめていきたいと思います。(あらた)

開催中の様子は、岡さんのレポートをどうぞ!!http://monokotomg.exblog.jp/6633223/
[PR]
by mono_koto | 2007-08-27 21:43 | MONDAY GALLERY

スコットランド(最終)

今日は、日曜日でスロースターとで、10時から動き回りました。グラスゴーのは2002年に完成した、世界で唯一(ギネス記録)の、回転する展望タワーがあります。デザインは、まさに飛行機の翼をモデルにしたもので、風向きによってタワーそのものが回転します。福岡タワーが風向きで方向を変えると創造してみてください。500トンのタワーが、21メートルの基礎で支えられ、ピンの下部は、わずか60センチの金属の皿の上に支えれた100メートルのタワーです。これもデザイんコンペの成果で、ロンドンのビッグアイと同じように創造力の賜物でしょう。

マッキントッシュを見てきました。やはり圧巻はグラスゴー美術大学です。あたりまえですが、内部が木造で、図書館は、自然の光を取り入れる2層のライトウエルがあり、重厚な感じです。レプリカで目にするマキントッシュの家具(オリジナル)が至る所にあり、彼のデザインが日本のアートの影響を色濃く受けていることを実感できます。彼自身は、決してグラスゴーで仕事に恵まれたわけではなく、晩年は、ロンドンへでて細々仕事を続け、最後はフランスで生涯を終えています。
その彼を観光の最大の資源として活用しているのは皮肉なものです。

もし、再度機会があるならば、この建築、例えば、マッキントッシュでもよいのですが、保存し活用するに、多くの公的な資金が投入されています。
これが、どのような組織で、どんな法体系で行われているか、明らかにしたいものです。

グラスゴーにも環状の地下鉄が走っていますが、この小さい事。直径はわすが2メートルです。本当におもちゃの様な地下鉄ですが、人口70万(郊外まで含めて120万)で機能しています。
赤字の福岡の地下鉄は、何が問題か、考えさせられます。

あす、24時間かけて、帰ります。

佐藤俊郎(グラスゴーから)
[PR]
by mono_koto | 2007-08-20 05:01

スコットランド報告(4)

この1週間、完全に晴れたのは、1日のみです。毎日、必ずと言ってよいほど霧雨、小雨がふってきます。カサをさすほどではなく、でも、しっかりと濡れてしまう、めんどうな雨です。
気温は、最高でも17度。なんとなく、10月の終わり、といった感じでこの2−3日、夜9時に寝て、あさ6時にぐっすり9時間寝て起きる、という感じです。
1ポンド=250円という物価にはまいります。実感は1ポンド=150円程度でしょうか。食事、タクシー、すべてが東京価格を上回っています。

残念ながら「フィシュ アンド チップス」の評判は、良くありません。同行している短大の先生方は、「一度でたくさん」といった感じです。油っこいためか、今のところ、イタリアン、中華、シーフードといったところで、なかなか、地元?の料理にヒットしません。

人々は、なかなか親切に思えます。ちょっでも、道に迷っている表情でもすれば、声をかけてくれます。ただ、残念ながら、なかなか聞き取れません。アメリカの英語を100とすれば、ロンドン辺りの正当な英語?が70、スコットランド英語が50といった聞き取りでしょうか。当然、人によりますが。
映像が、なかなかアップできずに申し訳ありません。

佐藤俊郎(グラスゴーから)
[PR]
by mono_koto | 2007-08-19 14:48

スコットランド報告(3)

海外、特にヨーロッパの主要都市にくると、実にいまだに学ぶものが多く、同時に気が重くなります。「井の中の蛙、大海を知らず」ならば幸せです。井戸の中の生活は、心地よく、程度を下げれば、その程度でも良いのです。しかし、井の中の蛙、大海を知った苦しみを味わってしまうと、それこそ、苦しんでしまいます。
c0113608_1431575.jpgエジンバラは、旧市街地が世界遺産に登録されています。その都市的な重厚さと、歴史的蓄積は、圧倒されます。エジンバラは行かれた方も多いので、詳細は省略します。ただ、最近の日本での「勘違い世界遺産登録運動」は、情けなくなりますし、福山の鞆の浦での、不必要な公共事業によって、世界遺産的な価値を損なう行政の発想は、情けないを通り越して、語りたくもないレベルの低さです。エジンバラは、その町の構造が理解できただけで十分でした。
夕方、グラスゴーの書店で「NEW DESIGN CITIES」という本を手に入れました。グラスゴーがその中で、デザイン都市の好例として紹介されていました。1990年のヨーロッパ文化都市に選ばれたのが最大のきっかけの要です。
市の中心部のThe Lighthouseは、マッキントッシュの設計したヘラルド新聞社跡を改修して
Scotland's Center for Architecture,Design and City ,Glasgowとしてデザインシテイの中心となっています。明らかにグラスゴーでは、デザイン(この中には、音楽や演劇も含んで)が、かつて造船などの重工業で栄え、1980年代の長期に渡る市の産業と経済の衰退を食い止め、現在ではいわゆる、クリエイテイブな産業、人々を引きつけ、見事に再生した、好例にまちがいありません。
確かに、市内を歩いていも、店舗のデザイン、街区の歴史的な建築、それに新しく加わった現在建築のデザイン的質の高さを感じます。
改めて、今、福岡で取り組もうとしている方向性が確かなものである、確信を得ています。
まだ、遅くないと、思います。

佐藤俊郎(グラスゴーから)
[PR]
by mono_koto | 2007-08-19 04:49 | モノコト日記

スコットランド報告(2)

c0113608_1452782.jpg今日は、朝、グラスゴーから普通列車で1時間、ラナークにあるニューラナークへ行きました。この場所は、高校の社会の授業を思い出せばいいのですが、社会思想家、ロバートオーエンが、理想郷的紡績工場を造った所です。1980年代、紡績工場にかぎらず、子供が教育も受けずに労働力として働かされていたわけですが、それをオーエンが、工場内に教育施設を造り、子供、成人にも教育をあたえ、労働者住宅を整備し当時の生協をつくり、地域貨幣まで発行し、理想的な環境を造った工場跡地です。現在は世界遺産として登録されています。
この工場も、1970年代に閉鎖され、荒れ放題であったものを修復、復元したもので、そこにはEUなどを含めて、様々な団体の資金が入っています。やはり、すばらしいものです。
さて、グラスゴーですが、1990年にヨーロッパ文化都市に制定され、整備されました。その都市には観光客が増大し、文化整備が着実に観光と結びついたのを実証した都市でもあります。
町の至る所で、その雰囲気を感じます。
ライトハウスというマッキントッシュが設計した新聞社跡のビルが修復されて、建築とデザインのセンターとして活用されています。その展示と記録もすばらしく、やはり、福岡の底の浅さは否めません。建築は文化である、などという事は常識以前の問題である都市にうまれた建築家は幸せであると思います。
明日は、エジンバラ(世界遺産の都市)を見てきます。
また、報告しましょう。

佐藤俊郎(グラスゴーから)
[PR]
by mono_koto | 2007-08-18 04:09 | モノコト日記

スコットランド報告(1)

c0113608_5522638.jpg福岡ー成田ーロンドンーニューキャスルと24時間かかって到着しました。エジンバラは有名ですが、その南のニューキャッスルはよほどの方でなければ縁がないでしょう。
今回は、このニューキャッスルとダーリントンにある、NPOと株式会社の中間に位置するソーシャル・エンタープライズ(社会的起業)を視察するのが目的でした。
ニューキャッスのソーシャル_エンタープライズ・サンダーランドを訪問し、ここが手がけた小学校を見てきました。その小学校は、失業率が高く、低所得者が住む、荒廃したコミュニテーにあります。しかしながら小学校のコンセプトは今まで日本では見た事がありません。託児所、幼稚園、ハローワーク、職業訓練所、小学校が、1つの屋根の下に複合施設として建設されたもです。
この小学校の計画、設計、運営,管理などのコンサルタントとして、このソーシャル・エンタープライズ・サンダーランドが中心的な役割を果たしています。つまりは地域でコミュニテイー・ビジネスを起こそうと考えいる団体、個人に対して極めて専門的なアドバイス、コンサルテングをおこなうものです。
昨日は、ダーリントンという町に移動して同じ様な団体が手がけた、小学校とコミュニテイセンターの複合施設を見てきました。これも、すばらしいものです。
現場に、NORHTERN ECHOという新聞社が取材に来ていました。福岡でいえば、西日本新聞でしょうか。地域活性化と高齢化、少子化に向けた問題の解決のヒントを探りに、といった感じで大きな見出しで報道されました。
今日、16日は、ニューキャッスルからグラスゴーへ移動し、早速マッキントッシュを見てきました。グラスゴーは1990年にヨーロッパ文化都市に選ばれただけに、日本でいえば神戸に近いイメージがあります。
この続きは次回に。

佐藤俊郎(グラスゴーから)
[PR]
by mono_koto | 2007-08-17 06:09 | モノコト日記

土壁ワークショップ

7月29日(日)、小郡市の松崎地区にある「油屋」という江戸時代の旅籠を改修・復元するため、福田・三宅が「土壁塗りワークショップ」に参加してきました。
c0113608_23444535.jpg















松崎地区は、かつて薩摩街道の宿場町でした。鍵型の街区に軒を連ねていた総戸数129軒の宿場町だったそうですが、今はその一部に県道が通り、トラックが行き交う平凡な通りとなっています。通り沿いの多くの建物は細長い敷地の奥に引っ込み、軒をそろえていたかつての景観を想像することは困難です。しかし、そんな中にほんの数件、当時の建物がヨレヨレになりながらもその場所の歴史を伝えようと残っています。その一つが「油屋」です。
「油屋」は江戸時代後期に建てられた大型の旅籠建築で、西郷隆盛も宿泊したと伝わる立派な構えです。台風の被害によって、今ではトタン屋根になっていますが、ほんの4,5年前までは茅葺屋根が残されていました。c0113608_23533099.jpgc0113608_2353432.jpg
















そんな「油屋」を地域の皆さんが、地域の皆さんの手で改修を始めたのが、この「土壁塗りワークショップ」です。NPOまちづくり研究所の指導のもと、子どもを含めた約80人の地域住民が、見学のつもりで来ていた私たちを見事に泥まみれにしながら、午前午後の約5時間ひたすらコテ裁きを競うワークショップになりました。
「油屋」内に赤茶色の壁面が増えてくるほどに、普段何気なく見ていた近所の古い建物に、地域の愛情が注入されていくようで、地道に「油屋」の保存・活用を目指してきた「松崎町並み保存会」の皆さんも、手応えを感じていらっしゃるようでした。
実はこのワークショップには続きがあります。8月19日(日)に、今度は「土間の叩き締め」を行います。今度は汚れても良い格好で望もうと意気込んでいるので、次回の報告をお楽しみに。

三宅唯弘
[PR]
by mono_koto | 2007-08-08 23:59 | モノコト日記

日向2日間の旅

□ 宮崎県日向市に行って来ました。
8月4,5日と、宮崎県日向市に鮎川さんと近藤が視察に行って来ました。これは、赤間駅周辺まちづくり支援事業の関係者の提案で実現したものです。
視察と言っても、そもそものきっかけは8月4日に開催された、「日向ひょっとこ夏祭り」(今年で24回目)で、この祭りに今回の事業関係者の女性陣が毎年出場しているのがきっかけです。名前は「福岡県宗像市 土穴おししさまお面まつり保存会」。なんと過去に最高銅賞入賞まで果たしています。女性陣がひょっとこ踊りの準備をしている間に、男性陣は馬ヶ背、美々津等を視察しました。

□ 馬ヶ背
日豊海岸国定公園のリアス式海岸で、柱状節理(柱状岩)といわれる景観は迫力満点でした。柱状節理は一説によると、今から1500万年前、火山の噴火物や地下のマグマが火道や割れ目に貫入して、冷え固まるときにできたといわれています。海の色はエメラルドグリーンに染まっていました。
c0113608_22263645.jpg


□ 美々津
 江戸・明治時代の白壁土蔵の町並みが、今も残されています。
 美々津町並みのメイン通りでは、通りに面して、収納式のベンチが設けられています。大事だと感じたのは、伝建地区で整備されている中で、人もしっかり住んでいる事です(この中に、電気屋さんや、公民館が同じ景観を保って建っている)。歴史的建造物も、人が住んでいなければ「魅力」にならないと感じました。
 美々津は古くから海の交易の拠点として歴史を刻み、町の背後になる遺跡からは、畿内、瀬戸内様式の弥生土器が出土しているそうです。「美々津千軒」といわれていた明治、大正時代では、材木や木炭などを大阪方面に向け出荷し、その帰路の際、関西地方の特産品や美術工芸品を多く持ち帰り、地域文化の担い手としての一面も有していました。また、美々津は日向神話の神武東征説神話の御舟出伝説地としても知られています。
c0113608_222655100.jpg


□ 日向ひょっとこ夏祭り
ひょっとこ夏祭りの参加者は、過去最高で、約1500人、70組以上のグループが参加しました。北は北海道、南は鹿児島まで、そして今年は海外の参加もあり、国際化しつつあります。僕も初めて見ましたが、みんな衣装が赤白で、お面をかぶっている為、プラカードやのぼりが無いと、どのグループか区別が付かず、純粋に「踊り」だけの勝負というところはとても驚きました。審査も個人戦とグループ戦と分かれていて、10人近い審査員が真剣に審査します。
 仕組みとしてうまいなぁと感じたのは、観客も審査出来るように、特性メダルが1個200円で販売(最後完売)されていて、個人的にうまいと思った踊り子にメダルを渡す事が出来ます。最も多い踊り子は「踊り子大賞」として表彰される仕組みです。やはり、多くは腰振りが上手な子どもへの評価が高く、多い子どもは10個以上ぶら下げていました。
c0113608_22275093.jpg

上の画像は、パティオ事業でつくられた十街区の前をパレードする踊り子達。
c0113608_2228453.jpg

メダルをさげるうまい踊り子達。

□ 打ち上げ
今年は宗像市は惜しくも入賞なりませんでしたが、ひょっとこ踊りに参加した女性陣と男性陣の打ち上げを行いました。宗像市、コンサル、地権者等の関係者が一同にお酒を酌み交わし、普段出来ない議論が行われました。その後、僕を含めて一部の人間だけ、日向の飲屋街で遅くまで議論は続きました。日向は人口6万人くらいですが、異常なまでにスナックが多いのにはびっくりしました。僕の隣にいた地元のお客さんは、週2回も飲みに来ているそうです・・・。

□ 日向市駅周辺土地区画整理事業
8月5日(日)、お休みにもかかわらず、ボランティアで日向市役所建設部中心市街地活性化推進室の方2人が日向市駅前の区画整理事業についての説明が市役所と現地でありました。赤間駅前は3.6haの規模ですが、日向は17.6haと、約5倍もある大きさです。赤間駅前は地区計画をかける予定ですが、日向市駅前は、「ゆるい地区計画」と、さらに厳しい制限を取り決める「街区ごとのルール」の2段階構成になっているところは、うまいなぁと思いました。さらに商業集積整備事業の中で、「パティオ事業」を展開し、現在3つの街区の整備が終わっています。中には、駐車場をイベント広場として活用したり、敷地を50cmずつセットバックして、1mの路地で新しい人通りを狙ったりしています。新しく建てる建物については、内藤廣さん達がわざわざ日向に出向いて、意匠、色彩等についてアドバイスを行うそうです(拘束力は無い)。
 
c0113608_22271920.jpg

上の画像は、1mセットバックや、同じ舗装材で整備されている十街区を確認する参加者の姿

内藤廣さんが設計した日向市駅は、県産材である杉の集成材を使ったとてもきれいな駅でした。この辺りを説得できる内藤さんと、受け入れた行政側はすばらしいと思います。また、この駅は、東西の町を挟んでいますが、駅で分断されている感じは受けず、ガラスの透明感と木の柔らかさが町をつなげている雰囲気も感じました。
c0113608_22273450.jpg


□8街区バッケーロ
 駅前の視察が終わった後に、パティオ事業で実際に営業されている「バッケーロ」という飲食店で昼食を頂きながら、その時の苦労話を寺尾さん(経営者)からお伺いしました。寺尾さんは、地主ではなく、別の人から土地を借りて建物を建てています。8店舗の商業者が1つの街区でお互いの夢を実現する為には「協調性」が一番大事という事と、5年後の夢を常に持ちながらみなさんも頑張って欲しいと参加者に訴えました。おそらく、赤間駅前も地権者で、建物を建てずに、売らずに更地のまま放置される可能性もあるため、参考例として今回ご紹介して頂きました。

 日向へは、福岡から片道約5時間かかり、なかなか行ける機会はありませんが、とても魅力的な場所や祭りがあるので、近くまで行かれる際は立ち寄って見て下さい。今回の視察によって、赤間駅周辺まちづくり事業が少しでも活性化する事を願うばかりです。
文責:近藤岳志
[PR]
by mono_koto | 2007-08-06 22:53 | モノコト日記

ついに始まりました!絵本ミュージアム

c0113608_160254.jpg3月のコンペ以来、ずっと取り組んできた展示会おいでよ!絵本ミュージアムがいよいよ始まりました。まだ始まったばかりで行っていない方が多いと思いますのでちょっとだけ公開します。

c0113608_15594127.jpg企画会議で「名称何にしますかね」と悠長に言っていたころは全く実感がありませんでしたが、案の定、6月後半からは時間との闘い。特に荒田君がつきっきりで担当した入り口の紙のトンネルは、主催者側からも本当にできるのかと心配されましたが、何とか立ち上がっています。紙だけで立っていますので、来場者にさわられつつ毎日形を変えては補修し、ようやく3日目に突入しました。苦労した甲斐あって、とても美しい。ただし、日々姿を変えつつありますので、ごらんになりたい方はなるべく早くどうぞ。

c0113608_161737.jpgコンセプトは「絵本の視覚表現の世界を立体的に表現する」こと。絵本を児童文学や心理学ではなく視覚表現、つまりアートやデザインとして捉えること自体、意外と新しいのですが、それをさらに「体験的に理解できる空間として表現する」というもの。絵本の展示なのですが、作品そのものを扱ったところはほとんどありません。これってもしかして世界初?ちなみに同時開催(動線としてつながっています)の「福音館書店こどものとも絵本の世界展」では福音館書店50年の歴史を振り返り、具体的な作品や作家にスポットをあてた展示になっています。

c0113608_162675.jpg素材に紙を多用しており、予想以上に興奮して暴れる子どもをみてはハラハラドキドキ。とても見ていられません。しかし子ども向けの施設にありがちな、何でも壊されないようにガチガチに固められた偽物っぽい表現だけは、どうしても避けたいというのが当初からの考えでした。
子どもは予想外の行動をするもの。どうしても汚れたり壊れたりします。その点について主催者側がある程度許容していただいたことに、今回のイベントにかける主催者側の意気込みが現れていると思います。もちろん、補修するのは我々ですけど・・・。

続きはまた報告します。   岡大輔
[PR]
by mono_koto | 2007-08-04 16:20 | 現場日記